<< 10/29、11/5のATKについて と 四国と横浜のイベントについて | main | 12/10のATK と 四国、横浜のイベント と 第四回 大蝦夷の乱について >>
11/5のSkype対戦のスタイルについて と ギャラクシーP有り特殊構築戦の考察

「11/5(日)」の西区民センターでの14時頃から開催のSkype対戦会ですが、
「ギャラクシー P有り特殊構築戦 (Pは『始まりの地球』収録のカード)」
のスタイルにて開催しようと思います。

これは「11/26(日)」横浜にて開催される、「えじぇ。」さん主催の「横浜最強座」のスタイルのひとつになります。
詳細はこちら https://twitter.com/eje_aaj037/status/921685633185095680

Skype対戦会が横浜最強座の調整の場になればと思い、一足お先にこのスタイルを試してみたいと思います。


パートナーシステムについてですが、「デッキは60枚固定」で、「パートナーとなるカードは必ず入れないといけない」というのが公式のルールです。
(公式のパートナーシステムの詳細はこちら PDFファイル)


ですので、今回の特殊構築戦は「始まりの地球に収録されているネームレベルのカードを必ず1枚はデッキに入れないといけない」ことになりますね。

例えば「八剣うめ」のデッキを組んだ場合、パートナー置き場に置けるのは地球に収録された「剣巫女 “八剣 うめ” (3F3C)」になり、「PRのサーチ八剣うめや黎明の4F4Cの八剣うめはデッキに入れることは可能ですが、地球に収録されてるわけではないのでパートナー置き場には置けない」と考えられます。


この特殊構築の要点をざっくり言うと、地球に収録されたものと同名のネームをメインにしたデッキはパートナーシステムの恩恵を受けてコストを減らして場に出せるので単純に強化され、
アイコンセレクトパック2のネームをメインにしたデッキは1枚だけノイズとなるカードを入れなければならないので少し弱体化、という感じでしょうか。

黎明で強化された地球メインビジュアルの6人のデッキはブレイクのサーチもあって恩恵を得られるので使いやすい。
逆にアイコンセレクトパック2をメインにしたデッキは弱体化されるので敬遠されがち…でもカードパワーの比較でやはりこっちを…、みたいなメタ読みが面白い特殊構築戦になりそうです。


私の個人的な考察なので、もしかしたら収録されたのと同名のネームならばパートナーに置ける可能性もありますが、11/5のSkype対戦会は単純に地球のカードだけを置ける方式で開催したいと思います。
よろしくお願い致します。
 

| comments(2) | trackbacks(0) | by no---name
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
11/5は参加します。

(横浜最強座には出られないのですが)デッキは今から作ります。
| ばね | 2017/11/02 11:19 PM |
>ばねさん
了解致しました!お待ちしております!
| ぽち。 | 2017/11/03 2:43 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://no---name.jugem.jp/trackback/343
トラックバック