<< 8/6のATKでのSkype対戦の告知 | main | 8/6のSkype対戦会について と 配信機器について >>
ATK Skype対戦会の概要

「ATK Skype対戦会」の概要になります。
詳細は下記の通りです。

このSkype対戦会は、札幌市中央区民センター(たまに西区民)にて毎月1回ペースで開催しているアクエリアンエイジとディメンション・ゼロの合同対戦会「ATK」にて、普段の配信をしている環境を利用し、Skypeを使用して全国の方や会場に来れなかった人とも対戦する機会を作ってみようと思い企画してみました。


「ATK Skype Aquarian Age チャット部屋」
https://join.skype.com/OSHjsjbBrMXK

「ATK Skype Aquarian Age 対戦部屋1」
https://join.skype.com/Fvq1Xw4h1uL9

「ATK Skype Aquarian Age 対戦部屋2」
https://join.skype.com/NgXehxbzy02b

「ATK Skype Aquarian Age 対戦部屋3」
https://join.skype.com/SgaGnawQzldW

各リンクからSkypeの各部屋に飛ぶことができます。
Skypeの使用方法についてわからないことがありましたら配信のコメントや私への直接の連絡にてお気軽に連絡ください。
なお、各部屋はATK時以外にも自由にお使い頂いて構いません。私への連絡も不要です。

Skypeにサインインしている状態で対戦部屋にリンクから入室し、対戦される方はビデオ通話のボタンを。観戦のみの方は受話器の形の通話ボタンを押せば通話状態になります。

対戦部屋に複数入室していた場合、各部屋から通話の案内がきてしまってややこしくなるので、対戦部屋1から2へ移動になった場合は対戦部屋1から一度退出してから次の対戦部屋2にリンクから入室して頂けると助かります。


単一ウィンドウ(左に連絡先等、右にチャット画面)の場合は左側の対戦部屋1を右クリックして、「会話から退出」を押してから、上記リンクをクリックして対戦部屋2へ移動して新たに通話を始める形となります。
分割ウィンドウ(全ての窓が別々)の場合は、対戦部屋1のウィンドウ上部の「会話」ボタンから「会話から退出」できます。

各連絡をスムーズにするため、配信の音声やコメントのチェック、チャット部屋への入室をして頂けると助かります。
チャット部屋では通話はしない予定なので、対戦部屋と違い会話から退出する必要はありません。

「14時頃」からの対戦開始を予定しています。配信のコメントや私への直接の連絡にて参加希望の受付をします。
14時以降も随時受付しております。

・スタイルは「A3エクストプラス」(詳細はこちら)「ギャラクシー」「エクストリーム」「リフレインスタイル」を予定しております。
その他にも「サーガ1」「サーガ2」のデッキも用意しておりますので対戦可能です。

大会形式ではないので、次はこのスタイルでやりますか? という具合にこちらから問いますので、お互いが了承すればOKという感じになります。

「Skype対戦の様子も配信」(配信先はこちら)をする予定です。基本的にはATK側の場とその対戦相手の場を配信する形になります。
配信には宣言等の声と場のカメラ映像が乗ってしまいます。配信に乗せたくない方はお気軽にお申し出ください。

・SkypeはWEB版ではなく「ダウンロード版(スマホはアプリ版)」を推奨します。

・対戦相手のデッキや手札を操作したりする類いのカード(タイム・タッチ等)など、「ネット対戦の都合でどうしてもテキスト通りに解決できないカード」は妥協案にて効果を解決します。
チャット部屋での文字チャットや、配信のコメントにて状況をお知らせください。主催者が妥協案を提案致します。

・観戦者の方は対戦の邪魔にならないように「マイクのミュート」をお願い致します。

・当日の会場のネット回線の状況次第ではSkype対戦と配信の両立ができない可能性があります。その場合は配信無しでSkype対戦のみ行います。


当日の状況次第で色々と変更となるかもしれませんが臨機応変にて試していきたいと思います。
この概要に追加事項がある場合には随時更新していきます。

Skype対戦中に配信用PCが落ちたり回線が途切れたりした場合は私のツイッターにて即座に状況をお知らせする形になると思います。

興味がある方は観戦だけでもかまいませんのでご参加お待ちしております。よろしくお願い致します。

| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://no---name.jugem.jp/trackback/336
トラックバック