<< 7/1 小蝦夷の乱 1日目 | main | 8/6のATKでのSkype対戦の告知 >>
7/2 小蝦夷の乱 2日目

「第二回 小蝦夷の乱」2日目はギャラクシー、サーガ1、サーガ2のスイスドロー大会です。

当日はタイムスケジュールではギャラクシーからのスタートですが私の勘違いでサーガ1から開始してしまい、サーガ1、ギャラクシー、サーガ2という順番で大会を行いました。


参加者は、サーガ1とギャラクシーは私と「八雲紫苑」さん。
サーガ2からは10年以上ぶりにサーガ2をプレイしにきてくれた「田中(仮)」さんが参加してくれました。
「るかな」さんはこの日も静養。1日目に引き続き配信のコメントにて ガヤ 激励を飛ばしてくれましたw


「サーガ1」は参加者2名だったので急遽スイスドローから2本先取のルールに変更。
先攻1ドロー無し、後攻マリガン有りのルール以外は基本的に当時の環境でプレイしました。

「八雲紫苑」さんのデッキは黒単ドラグーン。ロッソやスケイルドラグーンをメインに、彗星爆弾やパニッシュメントなどで全体焼きをするデッキです。

私のデッキは黒青ザフキエルレダ。当時一番使っていたデッキがそのまま残っていました。
黒天使のブレイクを中心に、青キャラやレダ、タロットエンプロイヤー、スペル(賛美歌や幽体離脱)でサポートするデッキです。

1本目はブレイクがなかなか出ない八雲紫苑さんに対して私は黒キャラで先にアタックをしかけてペースを握り、最終的にはレダのエフェクトでブーストした軽ブレイクが駆け抜けて勝利。
2本目もキャラ展開が芳しくない八雲紫苑さんに対してこちらがザフキエルを立てて優位になり、やはり最後はレダのエフェクトでガードされないようにして駆け抜けました。
2試合とも八雲紫苑さんの黒プロジェクトをこちらのスパイボーグでコストを上げて止めたのが功を奏しました。

その後もサーガ1のデッキをお互いに変更してまったりと対戦。
懐かしい当時の環境を思い出しながらプレイしました。


「ギャラクシー」も2試合先取の形式にて開催。

「八雲紫苑」さんのデッキは黒単ドラグーン。アイコンパック2で大幅強化されたィアーリスを中心としたデッキ。
私のほうは6色ジャンヌキャラビート不動明王。キャラビートに早蕨と不動明王も入れて防御面も厚くしたデッキです。

ギャラクシーでは八雲紫苑さんが2試合ともキャラ事故を起こしてしまい、ジャンヌで強化されたこちらのキャラを止め切れないという試合内容となってしまいました。


そして最後に「サーガ2」。3人で2本先取の総当り戦を行いました。

1試合目は「田中(仮)」と「八雲紫苑」さん。
「田中(仮)」さんは青単タレント軸の焼きコントロールデッキ。この日のために当時のデッキレシピを掘り起こしてくれて、私が形にして持っていきました。
「八雲紫苑」さんは緑単ヴァンパイアビート。ワーカーも軸にできるアタックコントロール型のデッキです。

1本目は先攻の八雲紫苑さんが▼も順調にキャラを伸ばします。
対して田中(仮)さんはキャラが伸びずに厳しい状態に。何とかピュリファイシスターを支配して相手にアタックされないようにします。

しかし八雲紫苑さんのターン、サイレンの魔女をピュリファイシスターに撃ってパワーを剥がします。
さらに支配キャラにヴァンパイアメイドをブレイクしてアタック宣言。コストバックでレライエが。
レライエはウォリアーを持っているのでパワー0のピュリファイシスターを横取りし、さらにキャラ差を広げます。

これが決め手になり、緑のキャラの群れを止めれずにダメージアウトとなってしまいました。


2本目は田中(仮)さんが先攻。
1ターン目のキャラ支配は弱かったのですが、2ターン目にアポストルで2Fに伸ばし、八雲紫苑さんが▼で放置したヴィクティムをタルボスで横取りして1ドロー。
しかし八雲紫苑さんも負けじとキャラ展開をしていきます。

逆に田中(仮)さんのキャラが途中から伸び悩んでしまいます。しかしどうにか精神攻撃持ちでアタック宣言をし、ガード宣言した緑キャラをシャドウベインで焼いて本体ダメージを与えていきます。
返しの八雲紫苑さんは精神攻撃に対抗しようと5コストでストーム・ブリンガーをヴァンパイアメイドにセット宣言。
しかし田中(仮)さんはアブソリューション。一気に5ドローして加速します。

これで一気に形勢が逆転し、死の印やシャドウベインで焼きつつデッキアウトまでコントロールしきることに成功しました。


3本目までもつれた1試合目。
先攻の八雲紫苑さんが順調にキャラを伸ばし、ヴァンパイアメイドまでブレイク。
しかしここは田中(仮)さんのキャラの出が微妙だったために補給をしてエンド。

返しの田中(仮)さんのターン、フルパワーのヴァンパイアメイドに死の印。何とか耐えていきます。
八雲紫苑さんは残った横のキャラクターでアタックを仕掛けます。田中(仮)さんは適度にスルーしたり相打ちを取ったりで応戦。

田中(仮)さんはスルーで出たキャラを支配してエンド。ダメージは少しかさみましたが、キャラ差をつめていきます。
八雲紫苑さんはダメージにアブソが2枚落ちてるのを見て、起死回生の2コストストーム・ブリンガーのセット宣言。しかし田中(仮)さんの手札にはアブソ。
しかしそれでも2ドローされても0チャの支配量で補給が上だった八雲紫苑さんのほうがまだ余裕があり、キャラでアタック。適度に捌いて応戦の繰り返し。

その後はピュリファイシスターを支配した田中(仮)さんに対してサイレンの魔女でどうにかアタックを通そうとする八雲紫苑さんとの熱いバトル。
しかしながらやはり青キャラという壁は最後まで高く、精神攻撃で田中(仮)さんが最後まで耐え切って決着となりました。


2試合目は「田中(仮)」さんと私。
私が使用したデッキは黄色のスキャナーをメインとしたアンチマジックシェルと死霊のデッキです。

1本目はお互いにまったりと展開。お互いにアポストルやダズラーライザー等が噛み合わずにキャラ支配をしていきます。
その後はお互いにキャラや軽ブレで小突き合いをしながら牽制していきます。

しばらくして私がようやくアンチマジックシェルを引いて使用宣言。これが通り、X=3の死霊。
アンチマジックシェルの効果でカウンターができず、田中(仮)さんの青が全て流れてしまいます。

これにてキャラ差を完全に有利にした私が押し切る形となりました。


2本目は田中(仮)さんがキャラを支配して展開し、私が黄色を引けないキャラ事故。
ダズラー等も噛み合わないために黄色を伸ばすことができません。

ようやく支配できた黄色キャラも死の印で退場。
その後は田中(仮)さんがチカ・タイガーフィートを出し、フルパワーからのフルスイングで駆け抜けました。


3本目にもつれ込み、序盤はお互いにキャラを展開。
先攻だった私が先に動き、まずはアンチマジックシェル。しかしこれはアブソでカウンター。
これでカウンターを使わせてリンドドレイクをセットしアタック宣言。しかしガード宣言されレスポンスでさらにアブソ。

これで田中(仮)さんが優位を取り、チカを出してこちらにアタック宣言。これを適度にスルーしたりガードしたりで捌きます。
何とか黄色キャラ2体と横キャラ、全4コストを残してこちらのターン。

ブレイクしたら1ドローのキャラを素体に軽ブレイク。この1ドローでまさかの死霊を引いてしまいました。
ただしシャドウベインが怖かったのでさらに軽ブレイクを出して4ファクター。

アブソもしくはシャドウベイン2枚を持たれていたらゲームセットですが、何もしなくてもチカを倒せずゲームセットなので一か八かの賭けに。
この死霊が通り、田中(仮)さんの青が崩壊。これにて決着となりました。


3試合目は「八雲紫苑」さんと私。

1本目、序盤からお互いにキャラと軽ブレで早めの展開をしていきます。
そして先攻3ターン目の八雲紫苑さんのターン。軽ブレからファクターを伸ばし、パワーが刺さっているドローキャラにヴァンパイアメイド。
さらに1コストのストーム・ブリンガーをヴァンパイアメイドにセットします。

ヴァンパイアメイドのパワーは2枚で、打点5で2回のアタック宣言。私は全部スルーして適度なダメージとキャラクターが出ます。
そして返しの私のターン。▼もスルーしてダメージは5点に。そしてメインに入り、死霊を緑に。
これが決め手となり、緑キャラがいなくなった場を黄色の軽ブレが駆け抜けて決着となりました。


2本目は八雲紫苑さんが軽ブレイクで順調に展開。逆に私のほうはキャラ支配だけで展開していきます。

そして先攻3ターン目の八雲紫苑さんのターン。勢力にパワカ1枚刺して放置していたドローキャラにEPの早苗八島をブレイク。
そのまま早苗八島に2コストのストーム・ブリンガーでパワー3、打点5のアタッカーが完成します。

そしてアタック宣言し、私はガード宣言なし。レスポンスでブラウニーズ・ヘルプを2枚も使用し、打点7に。
さすがに21点のアタックは耐え切れず、私のダメージアウトとなりました。


そして最終戦へ。
まずはお互いにキャラ支配をして序盤を展開します。
先攻3ターン目の私の▼はキャラが出てくれて良かったのですが、逆にダメージは0のまま。
軽ブレイクで横に広げて相手の出方を待ちます。
しかし八雲紫苑さんは逆に軽ブレを引けず、3ターン連続でキャラ支配のみ。

そしてこちらの4ターン目。相手の出方を伺うように軽ブレイクでアタック宣言。八雲紫苑さんはスルー。
その後もアタックを続けて適度にスルーしたり捌いたり。

そしてこちらはネクロポテンスにてダメージを増やし、死霊を通すことに成功。八雲紫苑さんの緑キャラが崩壊してしまいます。
これが決め手となり、最終戦の決着となりました。


というわけでこれにて「サーガ2」も終了し、「第二回 小蝦夷の乱」の全日程が終了となりました。

ちなみに2日目のお楽しみ賞ですが、参加人数が少なかった事を理由に八雲紫苑さんも田中(仮)さんも辞退したため、次回の大蝦夷の乱でのお楽しみ賞に取っておく形となりました。


次回の「大蝦夷の乱」は来年の「2018年2月頃」を予定しております。詳しいイベント内容等の告知は年内にできればいいなと考えております。

それと、毎月2回ほど札幌市中央区民センターにて開催している定例会の「ATK」ですが、来月からは運営の都合にて「月に1回程度」の開催となります。
次回の「ATK」は「8/6 (日)」になります。よろしくお願い致します。

そして月に1回の開催に伴い、配信用のスマホのパケット量が余るので新たな試みとして、ATKに参加してる人たちとskypeで対戦ができるように試してみようかと考えております。

配信用PCのスペックが低いので配信とskype対戦が同時にできるかがまだ微妙なのですが、もしできそうならまた近いうちに詳細をアップしたいと思いますのでよろしくお願い致します。

それでは改めて第二回 小蝦夷の乱にご参加いただいた皆様、配信をご視聴していただいた皆様、お楽しみ賞のコレカを提供してくださった「めがねん」さん、ありがとうございました! お疲れ様でした!
 

| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://no---name.jugem.jp/trackback/334
トラックバック