<< 第三回 大蝦夷の乱 レポート (というより雑記的な何か…) 1日目 | main | A3エクストプラスにおける制限カードの解除について >>
第三回 大蝦夷の乱 レポート (というより雑記的な何か…) 2日目

第三回 大蝦夷の乱のレポート的な雑記、2日目になります。
1日目と同様に細かい部分の時系列がずれてる可能性があります。もし間違えてたらすみません。

2日目は帰りの飛行機のことを考慮して午前中からイベント開始となりました。

私は準備があるので会場にはかなり早めに着いたのですが、私よりも早く「めぐるん」さんがすでに到着しておりました。
朝一で街中をちょっと観光して、時間に余裕が出たので早めに来場したとの事。開場するまで二人で談笑して過ごしました。


開場して1日目の面子が続々と来場。
1日目には参加できなかった地元勢(札幌ではないです)の「闇猫(ダークキャット)」さんも到着しました。

ただ昨日の飲み会に参加した方の中にはお酒が少し残ってる方もいてちょっとぐったりした様子も…。
これを見て次回からはガチンコ大会は初日にしようと決心いたしました。


さて、2日目のメインイベントは「A3エクストプラス 2デッキ制2本先取 スイスドロー」です。

本来のアクエリの大会ルールは1本勝負が基本で、1本勝負だからこそ面白いという方がほとんどだと思います。
1本だからこそメタ読みが重要になりますし、色相性の読みも大事になります。
先攻が基本的に有利な盤上遊戯での1本勝負ですから余計にそこが重要となりますね。

ただ逆に1本勝負で読み負けるとすぐに終わり、ということもアクエリではよくありました。
せっかくのお祭りで1本勝負じゃちょっと寂しいかなあと思い、大蝦夷の乱でのA3EX+は第一回から同一対戦者とは複数試合の形式にこだわってますね。
今回は2デッキ制を入れることでメタ読みの重要度も少しは上がるかな、というのと色々なデッキを見てみたいと思い実施してみました。


対戦時間は2本先取を75分に設定してみたのですが、今回の大会で時間が足りなくなったのは1試合だけでした。
といっても2試合で決着となった対戦で60分以上かかってたりしてたので、対戦時間についてはもう少しだけ伸ばしたほうが良さそうですね。

そして、最大75分の試合をスイスドローで3回戦という長丁場を制したのは…

遥々九州からお越しくださった、「ばね」さんです! おめでとうございます!

そして「ばね」さんのデッキレシピが 「こちら」 と 「こちら」 です。
(手ブレにて少し見づらいかもしれませんがご容赦ください)

レシピを見てわかるように、白デッキは後攻を取ることに特化したデッキとなっております。

直感少女、アルビノシンガー、私の執事、丹生すみれと後攻時限定の能力を持つカードを投入して序盤を展開。
後半は名探偵(をコピーしたアクトレスでも可)と望(もしくはグラスデモン)の手札透過の能力で相手が使用宣言したカードを全てシャットアウト。
相手のデッキによっては望(orアクトレス)の精神攻撃チブバインドで押し切ることもできるのが魅力です。

今回の2本先取のルールでは1戦目で敗北した方には2戦目の先攻後攻の選択権が与えられるので、
1戦目に自分が勝てば相手が2戦目に先攻を取る可能性が高く、負けても自分から後攻を取れます。

2本先取のルールをしっかりと把握して戦術に盛り込んだ、読みと発想の勝利でした。
こういうルールを活かすデッキが見れるのは嬉しいですね。後攻でも勝てるというのを証明してくれました。


もう片方のリムノレイアデッキもしっかりと作り込まれています。

バトルでは無類の強さを誇り、そしてステルスでも貫通できないリムノレイアにアシュレイのサポート。
コールタイガーでの勢力キャラの横取りやサキュバスの誘いによる手札破壊も強力です。

リムノレイアはネームが横にいなければ常時サイズが上がる能力ですが、
相手のアタックをスルーした際のガード時アビリティではサイズが普通にあがります。(横にネームがいなければXは倍に)

精神攻撃が苦手ではありますがそれをパーマネントでサポートし、もしリムノレイアが倒されてしまっても世界樹の葉で復活できますね。
リムノレイアのプロジェクトやファストの目標にならないアビリティは場に出ているとき限定なので、世界樹の葉でなら目標にすることができます。
(ルールサマリーの「アビリティ」の項目より)

しっかりと練り上げられた2つのデッキで見事6勝0敗の完全優勝となりました!おめでとうございます!


という感じでメインイベントも終わり、この後はまったりとした時間が流れます。
帰りの飛行機の時間まではランブルしたり談笑したり。

「闇猫(ダークキャット)」さんが北海道内ではありますが遠方からのお越しのため一足早く帰路に着きました。
また5月にATKに遊びに来ていただけるとのことで、今から楽しみにしております!


そしてこの日のうちにお帰りになるのは岐阜からお越し頂いた「Kinta@m」さんと「J」さん。
「ばね」さんと「めぐるん」さんは翌日の月曜にお帰りになるとの事でした。


「Kinta@m」さんは両日共通のアクエリランブルにて最多対戦数と最多勝利数の2冠を達成。
「J」さんもA3EX+にて2デッキとも青デッキという組み合わせにて3位入賞を果たされました。


そして楽しかった時間にも終わりが来てしまい、みんなで会場の外までお見送りをしてお二人は帰路へ。
A3EX+というスタイルを作ったことがきっかけでお二人に出会うことができました。
札幌に来ていただけて本当に嬉しかったです! またお会いしましょう!


お二人が岐路についた後は残ったメンバーで談笑したりアクエリしたり。

「めぐるん」さんが今回使用した「青単 ジャンヌ=ヨハネス次廛妊奪についてみんなで意見を出し合ったりしていました。
そして早速「青単 ジャンヌ=ヨハネス次廛妊奪の新制限後のレシピをくださいました。(新制限についてはこの次の記事にて)
詳細は 「めぐるん」さんのツイッター からどうぞ。

最終的には会場使用時間のギリギリまでみんなでアクエリをし、2日間ずっとアクエリ尽くしとなりました。


閉場後はお昼も食べずにぶっ続けでアクエリをして全員お腹が空いていたので、札幌で有名なラーメン店「信玄」へ。
日曜の夜ということもあって10人ほどの待ち列が出来ていましたが、みんなで並んで談笑してればあっという間でしたね。

おいしいラーメンに舌鼓を打ち、これにて解散となりました。


「めぐるん」さんはフィスストリームにて3位入賞を果たし、「ばね」さんはA3エクストプラスで完全優勝。

お二人のアクエリに対するモチベーションの高さと情熱がものすごく伝わりました。
アクエリが大好きという思いだけで北海道まで足を運んでいただけて感謝の言葉しかありません。
またお会いできることを楽しみにしております! ありがとうございました!

そして地元の皆さんにも感謝です。また「ATK」にて楽しくアクエリしましょう!
配信をご覧になってくださった皆様もありがとうございました。今後も配信を続けていきたいと思います。


そして最後に。
札幌でアクエリを一緒に楽しんできた「葉月」さんが仕事の都合にて札幌を離れることになりました。

「葉月」さんは4年ほど前に札幌に越してきて、それからずっとアクエリを一緒にやってきた仲間です。
札幌から離れても葉月さんは「札幌勢」ですからねw またいつでも遊びに来てください!


というわけで「葉月」さんは今後は関東のほうにて活動をされます。
特に横浜のほうへは行きやすいそうなので、横浜の皆様に暖かく迎えていただければ幸いです。
よろしくお願い致します!


そんなこんなで大盛況で幕を閉じた、第三回 大蝦夷の欄でした。
次回も開催することができましたら来年の2月頃にやりたいなあと思っております。
次回も基本的にはA3EX+がメインになると思われますが、興味のある方はぜひよろしくお願い致します。

| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://no---name.jugem.jp/trackback/325
トラックバック