<< 公式エクストリームスタイルの制限カード 勢力別 | main | 「A3スタンダード 構築ルール」 >>
フィフストリームスタイル 構築ルール

「フィフストリームスタイル 構築ルール」 考案者:「えじぇ。」さん

ギャラクシースタイルを基本とし、大会ルール及びデッキ構築ルール、エラッタ等は全て公式の最新ルールに準じます。
●ギャラクシースタイルのデッキ内に、コンバート前のエクストリームスタイルで使用可能なカード「5枚まで」「切り札」 として投入できます。
コンバート後にエクストリームで制限されたカードは「切り札」として使用できません

公式のエクストリームでの制限カード(「切り札」として使用できないカード)は下記の通りです。
「勢力別 公式エクストリームスタイルの制限カード」(コンバート前の旧エクストも含む)
「エクスパンション別 公式エクストリームスタイルの制限カード」(コンバート前の旧エクストも含む)

●例外として、「PP210 PP218 アイドルユニット "マミ" & "エミ"」「切り札」として扱います。
●ギャラクシースタイル基準のため、「0479 カレイドスコープ」 デッキに1枚までしか使用できません。
●パートナーシステムを使用する場合、「切り札」のカードはパートナー置き場に置くことはできません
●パートナーシステムを使用する場合、ギャラクシースタイル基準のため、「0785 0787 レッドジュエル “フォルナ・アンタレス”」 はパートナー置き場に置くことはできません。
●プロキシカードの使用も可能です。デメリット等は一切ありません。

| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://no---name.jugem.jp/trackback/316
トラックバック