<< 9/16 ブロックトーナメント北海道地区決勝 の使用デッキ | main | 2012年10月の大会情報 >>
9/16 ブロックトーナメント北海道地区決勝 大会レポート
というわけでBT北海道の大会レポートになります。
私が使用したデッキの解説等は前回の記事にて。


ブロックトーナメント北海道地区 決勝
参加者:12名
スタイル:エクストリーム
大会形式:スイスドロー 3回戦 (途中で全勝者同士の引き分け発生のため)
使用デッキ:緑単FD型蘇姐己鬼狸狐レイ




「1戦目 圧縮赤デッキ (血石の水さん) 後攻」

またしても血石の水さんが新しいデッキを開発してくれました。
サーガ2時代にあった五雷法デッキをも速度で凌駕する超ドロー加速の一撃必殺デッキです。
理論上最速で先攻2ターン目に相手に致死ダメージを与えられることが可能なデッキです。
もちろん対戦時にはそんなデッキだということは知らず、デッキが薄いということだけしか情報はありませんでした。

1ターン目に血石さんは忍者装束を捨てて星詠をセットし、それを支配してエンド。▼放置等もなし。
圧縮デッキで装束から星詠という行動にこちらはもう困惑。(圧縮で…星詠…?)

こちらの1ターン目。マリガンしたらキャラが導師と台風鬼とダークエルフメイドしかなくなったのでとりあえず全部セット。
なお、この時点で血石さんの顔が思いっきり曇りました。…台風鬼がキツいっぽい?
ベン・シーは引けてなかったので、導師を放置して残りを支配。

血石さんの2ターン目、2ドロー。メイン終了します。…事故ってますね。
こちらの2ターン目、▼がうまく連鎖してキャラ展開。しっかり支配してエンド。
血石さんの3ターン目、2ドロー。メイン終了します…。そしてこの後に投了を宣言されて終了となりました。

勝利 10−0

その後色々と話をしましたが、投了をしたのは勝ち筋がなくなったためと、周りにデッキの中身を知られたくないからとのことでした。
中身については終わったら話しますと言われ、とても楽しみなのと同時に、気になってしょうがなかったですw
そして終わってからデッキの中身を見せてもらいましたが、なるほどこりゃすごいと思ったと同時に、確かに勝ち筋があの時点でもうないし、知られたくないというのも納得でした。

気になる方は血石の水さんが自身のホームページで詳しい中身と解説を載せてくれてるので要チェックです。



「2戦目 緑単女ヴァンパイアビート (駆炎くん) 後攻」

仕事の都合で通常の予選に出れなかった古豪が仕事の合間を縫っての緊急参戦! 当日予選を突破して決勝へ参加です。
自分と駆炎くんがBT決勝で対戦するのは2003年以来9年ぶりだったりします。
久しぶりの大舞台での対戦に2人で勝手に盛り上がってしまいました。

駆炎くんはメイン色のキャラを初手に引けず、白馬将軍を放置してヴァンパイア・サーヴァントを支配でエンド。
こちらはマリガンしたが初手キャラが重い。台風鬼を▼放置してブラックドッグ・ガールとダークエルフメイドを支配。
その後、駆炎くんは▼からうまくキャラ展開。こちらは▼でキャラが出るものの緑キャラだけ。上に乗ったブラックドッグ・ガールのみ支配。
駆炎くんは吸血姫をブレイクし、1ターン目の遅れを挽回するように展開。
こちらはそんな相手を見て早めに勝負を仕掛けます。ブラフマーを握りつつ、鬼狸狐を2挿しのダークエルフメイドにブレイクし、2回アタック。
全部スルーしてダメージとキャラが適度に出ます。そしてさらに蘇姐己も出してもう1回アタック。8ダメージまで追い込みます。

その後、駆炎くんは▼をスルーして9ダメージで生き残り、ビックフットスーツを捨て札して8ダメに戻る。
そしてヴァンパイア・サーヴァントにヴァンパイアメイドをブレイクしてこちらにアタック。ミッドナイト・プレジャーが戻ります。
こちらは支配キャラが少なかったのでスルー。もう1度アタックされ、ブラフマーが戻る。それもスルー。
適度にキャラとダメージが出て5ダメージ(ビックフットスーツ2枚)に。ACBでバックされたカードがかなりキツいです。

こちらのターン、サイレンヴォイスとキャラを引くが、相手の手札に戻ったファストを超えることができずに補給のみ。
駆炎くんのターン。▼をブラフマー警戒でアビリティのない軽ブレでしっかりと捌く。その後サイレンを持ってないと思わせるためにノータイムで相手のメイン突入を許可。
そして駆炎くんは3挿しのヴァンパイアメイドにエッジデモンをセット宣言。それにレスポンスで3コストサイレンヴォイス。
これで相手のアタッカーとコストを封じることに成功。使えるコストが一気に減ったので補給してエンド。

こちらのターン、サイレンと鬼狸狐1段のおかわりを引けたので相打ち覚悟でアタック。しかしながらアビリティのないセプチャにブラフマーで防がれる。
アタック以外にすることもなく、アタックしても意味がなくなったので補給してエンド。
相手のターン、ドローキャラにラドンをブレイク。素体にサイレンを打つかどうか少し悩むが、ここで使うとブラフマーでもラドンを抜くことができなくなるので自重。
エッジデモンはセットされず普通にラドンがアタックをしてきたので、こちらも相手のブラフマー警戒でアビリティなしのキャラでガードしていく。

返しのこちら、レイ・アルカードを引けたので即ブレイク。相手は少し悩むがレスなし。ラドンをはがしてパワカ3枚がレイに。
これで怖いものがなくなったのでレイでアタック宣言! …といったところでタイムアップのお知らせ。
時間切れによる引き分けとなりました。

引分 8−3

ちなみにタイムアップがなくてもアビリティなしで3回ガードされてレイは通せず、なおかつ鬼狸狐もアビなしの軽ブレにプレジャーで捌かれる状況でした。
駆炎くんにターンが回っても、こちらもサイレンとブラフマーがあったので耐えれた…かな? 手札次第では貫かれてたでしょうけど…。
しかし白熱した戦いでした。お互いにワンミス=即アタック通されて死亡な状況でしっかりと対処できたので、お互いを倒しきれないという形になりましたね。

しかしながら全勝者同士での引き分けだったために次が決勝戦となってしましました…。



「最終戦 赤単アスリート (リュミくん) 先攻」

最終戦は赤使いのリュミくん。当日予選を突破しての決勝参加でした。
ガンガンいこうぜ的な赤からいのちだいじに的な赤まで、アイコンも巫女にゴースト、アスリート、ドラグーン等、幅広く使いこなします。
ただこちらは色相性的な有利があるので、それを活かせればいいなと思いました。

こちらの1ターン目、初手はFDがしっかりと起動できてなおかつ▼放置もできる優良手札。
ブラックドッグ・ガール、台風鬼、ダウジング犬、ツインタワーボーグの順にセットし、支配。
リュミくんは道場主と戦士をセットし、メイン終了。それのレスポンスでこちらはブラックドッグ・ガールにベン・シーをセット。で、リュミくんは道場主を支配。
こちらの2ターン目は▼で程よくキャラが展開。しっかりとファクターを増やします。
リュミくんも▼でキャラが出て、仲居をブレイク。道場主をもう1枚セットして支配。▼も放置。

こちらの3ターン目、▼をスルーしてメイン。蘇姐己を出して相手のコストを縛る。そして鬼狸狐1段を出してブラックドッグ・ガールを引っ張り補給。
リュミくんは蘇姐己のせいで使えるコストが仲居に挿してた1枚しかなく、何もできずにメイン終了。レスで仲居に3コストサイレンヴォイス。
カウンターはなく仲居はパワー0になり、ワーカーを持っているので蘇姐己の効果でスキルが全て消える。手札から補給してエンド。

そしてこちら、鬼狸狐2段を引けたのでブレイク。キャラを引っ張り、即アタック。リュミくんはスルー。
そのまま鬼狸狐で2発、3発とアタックし、リュミくんは耐え切れずにダメージアウトとなりました。

勝利 10−3

先攻FDから早い段階で蘇姐己とサイレンでロックをかけて、そのまま鬼狸狐という理想的なブン回りをしてしまいました。
サイレンを1挿しの仲居に撃ったのは、0コスト上昇がいたので仙術書をされても送り雛でも仲居のコストは0になるのでチャージが消え、ハンドも1枚消費してもらえるので。
魔絶ちの法だったらちょっと厄介でしたが、構成的に入ってないかなーとヤマを張って撃ちました。やっぱり通ったときのリターンがものすごく大きいので。


これにて全勝者が決定し、大会終了となりました。

個人成績 2勝0敗1分 与ダメ28 受ダメ6 準優勝



優勝は、青単ザドキセレンロックビートのmarlくん!
初めてのチャンピオンカーニバル、楽しんできてください。おめでとう!

3位は、なのはVividからアクエリを始めた南瓜さん!
エクストはずっとクレメン嬢一筋で、見事に愛を貫いた結果ですね。おめでとうございます!



そして、決勝に参加した全12名のデッキ分布を紹介します。
6色全てがいて、なおかつ同じ色でも中身が全てばらばら。いやはや驚きました。

白:1名
横井蒔苗2段白黒ブレイブカイザー

赤:3名
葦原中国谺2段、アスリートグッドスタッフ、超速神依りの矢

青:1名
ザドキセレンロックビート

緑:3名
蘇姐己鬼狸狐レイ、女ヴァンパイアビート、クレメンティーナ2段

黄:1名
モンスタービート

黒:3名
イレイザーグッドスタッフ、ドラグーンロッソアズーリ、アンドロイドグッドスタッフ


こんな感じでした。
他の地域ではメタ筆頭の白の学園祭メイドグッドスタッフがいなくて、赤が若干多めな感じでしょうか。
とにかく各々が使いたい色やキャラをひたすら磨き上げて決勝に臨んだ結果ですね。



それと、BT北海道で出されたQ&A裁定を記載しておきます。
これはあくまでもこの大会の中での裁定なので、参考までにどうぞ。

Q1.葦原中国とサーチのスキルを持つカードがダメージ置き場にある場合、葦原中国の効果でこのダメージ置き場にあるサーチを使用できるか?
A.サーチのスキルは使用宣言ではないため、葦原中国の効果では使用できません。
(なおフェッチパーマネントも使用宣言ではないため、葦原中国との同時使用でダメージ回復的なこともできないとのことです。)

Q2.葦原中国と、死神少女“谺”もしくは死神剣士“谺”がダメージ置き場にあり、葦原中国の効果でダメージの“谺”をセットした場合、“谺”のアビリティは発動できるか?
A.葦原中国の効果で手札と同様にセットされるため、アビリティは発動可能です。

Q3.影武者の効果発揮時に、Aというキャラクターに効果を発揮しているファスト等を、Aというキャラクターに変更(結局は同じ対象のまま)ということはできるか?
A.それだと変更になってないのでできません。A以外のキャラクターを対象にしてください。

以上です。



最後に、運営スタッフの皆様、ハードスケジュールでの運営、本当にお疲れ様でした。
アメニティードリーム札幌店様、デュエルスペースのご提供ありがとうございました。

参加者の皆様もお疲れ様でした。今回の大会を楽しんでいただけたなら幸いです。
またこれからもみんなでわいわいアクエリを楽しんでいきましょう。


改めて皆さんお疲れ様でした!
| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://no---name.jugem.jp/trackback/184
トラックバック