<< 修行者の魂 カードレビュー その2 | main | 修行者の魂 カードレビュー その4 >>
修行者の魂 カードレビュー その3

さて、かなり時間が空いてしまいましたが、修行者のレビュー第3弾です。
とりあえず赤です。時間とやる気があれば残りの色もこの後やりたいな。


「赤」

「新撰組 “沖田 総司”」
ものすごい貫通能力です。赤で攻撃力アップはかなりえらい。
ゴースト持ちでブレイクもしやすいので、メインアタッカーにもってこいですね。

「博物学者 “葛洪”」
「仙人 “葛洪”」
補給あり、ECBあり、ダメージ操作ありで万能な補助役ですね。
2段目がさらに強力です。なにかしらのコンボデッキにも使えそうですね。

「四神朱雀の巫女 “大鳥 桜子”」
もともと対青は色の特性上簡単にできるんで微妙です。
やはり2F2Cは補給役を据えて置いたほうがいいでしょう。

「四神玄武の巫女 “阿武 巳弥”」
熱田静よりちょっと強力になったアビリティと、精神攻撃キャラの無力化。
しかしながら、やはり補給がないのはつらいです。素直に熱田で。

「四神白虎の巫女 “風祭 小雪”」
4巫女が全員揃えばもちろん強いですが、なかなかそろえるのは難しいですよね。
単体だと単なるオフェンシブとかついてるくらいなのでかなり厳しいです。

「四神青龍の巫女 “龍ヶ崎 藍”」
補給持ちはやはり偉いですよ。対赤や青が多い地域なら入れておいても損はないかと。
何気に擬似バインドがえらいです。

「水鏡巫女 “水樹 鏡花”
対スペルが完璧です。使用宣言すら許さないのは強いです。
スキルも魅力的で、ものすごく堅いです。完全に守りキャラですね。

「八大竜王 “和修吉”」
このサイズなら普通はバトル相手は倒してますよね。
デッキ削るのも、1枚ずつじゃ効果薄いです。トラロックのほうが全然強いですよ。

「黄竜召喚」
プロジェクト版次元迷宮ですね。条件次第ですが、複数に使えるのが魅力ですね。
呪縛かこれか、どちらを入れるかが悩みどころです。

「前鬼後鬼召喚
刹那式みたく出た瞬間にガードできればまだ使いどころがありましたね。
出しても結局アタックとかガードできるタイミングが遅れてしまうのは致命的でした。


赤終了です。
もうすぐ新弾発売ですが、それまだには終わらせます。たぶん…。

| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://no---name.jugem.jp/trackback/118
トラックバック