<< 絶神の戦車 カードレビュー その3 | main | 9月 大会情報 >>
メモリアルセレクション レビュー

発売から1ヶ月ちょっと経ってます。しかも新弾まで出て、早くも環境が変わりました。
いまさらですが、いちおうメモリアルセレクションのレビューです。

キャラクターとか軽ブレなどの再録は割愛します。
みんなおかえり、そしてお疲れ様、くらいしか言えないので。
ウェイトレスは嬉しかったですね。スケイルも昔を思い出します。


「白」

「マスターテレパス “結城 望”」
多段にした場合のメリットがあまりないような気がします。
普通にバインドとチブ、手札オープンで十分戦えますね。

「ホーリー・ブライトネス “一色 真純”」
多段時の手札破壊はかなりひどいですね。ドローをしないことを選択できるのも助かります。
通常時だと前のと変わらないのは残念。てっきりネームブレイク以外すっ飛ぶと思ってました。

「ライトニング・プラズマ」
白についに安定して入るパーマネントが登場ですね。
攻撃力、貫通力、生存力、パワー補給と、もうやりすぎな程のエンドカードです。

「Wish upon a Star」
英語に名前が変わっただけなのに、強力になって帰ってきました。
序盤には打てませんが、中盤以降の相手の補給を殲滅できるのは大きいと思います。

「シンパシー」
ファストで打てるパワコンカードが弱いはずもなく。
ただ、2コストではちょっと扱いにくいですね。3F1Cでもよかったと思います。


「赤」

「護巫女 “厳島 美鈴”」
ファストタイミングのブレイクが弱いはずもなく。
全体に耐久パンプとかCIPでカウンターとか強すぎですね。まったくこの人は。

「守巫女 “厳島 美晴”」
多段時はお姉ちゃんを超えてきました。
通常時でも結界符とセットで十分戦えますね。あとはエフェクトの対策さえできれば完璧です。

「七枝刀」
赤兎か麒麟かこちらかで迷いますね。似たようなパーマネントはもういらないですよ。
サーガ2のから、オフェンシブになって弱くなってるのにここまで重くなるのはひどいですよ。

「荼吉尼天真経」
白に比べてこちらはコストまで重くなってしまいました。
キャラのみを飛ばすカードは序盤じゃないとあまり意味ないですよ。

「明王結界」
威光に並ぶほどの最強のファストカードと言っても過言ではないはず。
カードサーチ、耐久パンプ、プロテクトにシールドに精神攻撃とファストのカット。正直やりすぎですよ。


「赤」

「護巫女 “厳島 美鈴”」
ファストタイミングのブレイクが弱いはずもなく。
全体に耐久パンプとかCIPでカウンターとか強すぎですね。まったくこの人は。

「守巫女 “厳島 美晴”」
多段時はお姉ちゃんを超えてきました。
通常時でも結界符とセットで十分戦えますね。あとはエフェクトの対策さえできれば完璧です。

「七枝刀」
赤兎か麒麟かこちらかで迷いますね。似たようなパーマネントはもういらないですよ。
サーガ2のから、オフェンシブになって弱くなってるのにここまで重くなるのはひどいですよ。

「荼吉尼天真経」
白に比べてこちらはコストまで重くなってしまいました。
キャラのみを飛ばすカードは序盤じゃないとあまり意味ないですよ。

「明王結界」
威光に並ぶほどの最強のファストカードと言っても過言ではないはず。
カードサーチ、耐久パンプ、プロテクトにシールドに精神攻撃とファストのカット。正直やりすぎですよ。


「青」

「冥黒の大魔導師 “ステラ・ブラヴァツキ”」
CIP効果は最強クラス。カウンターできない除去はひどい。
エフェクトは何気に少し強化されてましたね。

「サイレントキャスター “ジリアン・マキャフリー”」
まさかのプロジェクトのカウンターが不可能になるCIP効果。度肝抜かれました。
通常時でもチブが帰ってきたので以前より安定して戦えます。

「クラリス・ドール」
クラリスがいなくても普通に強いと思いますよ、これ。
軽いし擬似バインドもつくので使い勝手がよさそうです。

「死の刻印」
1ファクターほど重くなりましたが、死印が弱いわけがなく。
でも今はデス・サークルがあるのであまり活躍する場がなさそうですが…。

「秘密のお茶会」
0コストでパワコンはちょっとやりすぎですよ。
ネームに依存しますが、青はネームブレイクが入れやすいので使いやすいと思います。


「緑」

「ヴァンパイア・ナイトルーラー “夜羽子・アシュレイ”」
ブレイク除去のCIP効果は予想通りでしたね。でも全てとは思ってなかったです。
エフェクトのブレ除去も、2回打てるようになりました。相変わらずの強さですね。

「輝狼 “フェンリル”」
CIPでアビリティは相手だけになったんですが、それでも微妙です。
パワー0限定っていうのはやはり今の環境だとムリがあるかと。

「妖刀 “村正”」
なぜにネームレベルになったんでしょうか。別に完全再録でもよかったかと。
相変わらずの一撃必殺能力です。懐かしいなぁw

「悪魔の饗宴」
使いどころが難しいカードですね。相手もパンプされてしまいますし。
これよりも他に入れるカードはたくさんあると思います。

「ヴァンパイア・キス」
サーガ1のときには散々苦しめられましたね。
いまはチャージ環境なのであまり影響ないと思いますよ。


「黄」

「ドラゴンロード “ソフィー・ラスタバン”」
とんでもない全体パンプのCIP効果ですね。
でもCIPに頼らなくても十分エフェクトとプラドラで頑張れると思いますよ。

「極星帝国十将軍筆頭 “レイナ・アークトゥルス”」
血盟シュートが流行っていた状況で、なぜにレイナシュート?的なCIP効果ですね。
アビリティも強化されてて使いやすくなりましたね。

「ダブル・インフィニティガントレット」
ネタカード扱いしてる方が多いですが、インフィニティが比較的簡単につくのは危険な香りがします。
このカードを使った超コンボができるのではないかと期待してまいますw

「デュアルスラッシュ」
これよりもサンストで一気に▼を除去するほうが早いですよね。
アビリティのほうも、その2体が出てればもう十分ですよ。

「ネクロポテンス」
まさかの再録でした。ダメージが積もるし、キャラは生き残るし、弱いはずがなく。
ただ、ミラー戦では注意しましょう。防御時にこれを使うと大変な目に会うかもw


「黒」

「女皇竜 “ィアーリス”」
本体にもダメージが当たるようになったCIP効果。強いです。
でも通常時は逆に弱くなりました。耐久力マイナス2しかできないんじゃお話になりませんよ。

「ガルガリン “メルキセデク”」
天使デッキには有効ですが、相手の天使も強化されてしまうのはちょっと…。
今の環境ではちょっと使いにくいですね。残念です。

「アクティブステルスシステム」
1ファクター重くなったけど、おかえりなさい。このカードが弱いはずがありませんね。
これで昔の黒の3種の神器がすべて帰ってきましたね。

「メテオレイン」
残念ながら耐久力の低い黒にはこのカードは使えません。
1ダメの隕石が限界です。軽ブレまで全死亡はキツすぎました。

「ちょー銀河こんぴーた りせっとちゃん つー」
帰ってきたと思ったら、全然違う能力になってました。
キャラ飛ばせないりせっとなんて、りせっとじゃないですよね。

| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://no---name.jugem.jp/trackback/101
トラックバック