望刻の塔 カードレビュー その1

かなり遅くなってしまいましたが、塔のレビューです。

今回からバーニアが消えて、大型エキスパンションになりましたね。
量が多くてレビューも大変ですが、のんびりと次の弾が出るまでに終わらしたいですね。

では、行ってみましょうか。


「キャラクターとノンネームブレイク」

「0/(1)/1 ▼ セプチャ」
精神攻撃がついても、横取りされやすいアイコンが致命的。
耐久力1というのも余計使いづらいです。

「0/0/2 対抗勢力スペルコスト上昇 ▼ セプチャ」
男アイコンで横取りされにくく、コスト上昇もさせれるのが偉いです。
対抗勢力に対してかなり優位に立てるので、色次第では即採用レベルですね。

「0/3/3 ▼ シールド セプト ブレイク時デッキ3枚捨て札」
補給もなく、横取りされやすいアイコンでさらにはデメリットつき。
よほどのことがない限り、デッキに採用されることはないでしょう。

「1/1/1 ▼ シールド チャージ 0コストカードのコスト上昇」
自分のデッキに0コストカードを入れないなら、十分に採用レベルかと。
アイコン次第ではありますが、けっこう刺さると効くカードですね。

「1/1/1 ♂ ▼ シールド チャージ 0コストカードのコスト上昇」
横取りされづらくなったコスト上昇カード。
勢力に安定放置できるので、♀アイコンより使いやすいかもです。

「中サイズ ▼ チャージ パワー0でドロー1」
除去耐性もなく、横取りされやすいアイコンが多いです。
デッキへの投入は難しいですね。

「大サイズ ▼ シールド チャージ」
精神力が高いので支配しづらいサイズですが、アイコン次第ですね。
ただ、今回のは微妙なアイコンが多いですが。

「大サイズ ♂ ▼ シールド チャージ」
男デッキの幅が広がりました。
しかし、今の環境で男デッキはちょっと厳しいですが。

「大サイズ ▼ オフェンシブ チャージ」
オフェンシブとシールドなら、やはり安定したシールドを選んじゃいますね。
キャラビートのデッキにはいいかもしれませんが、やはりちょっと採用は難しいです。

「大サイズ ▼ バインド チャージ」
シールドかバインドかの選択ですが、デッキとアイコン次第ですね。
しかしながら、今弾はこの大型サイズのキャラが多すぎじゃないですかね。

「ドローキャラ」
今弾のドローキャラはアイコンが優秀なのが多いですね。
白も、かなり使いやすくなってますね。

「2/2/2 ▼ 1F0Cブレイク使用可」
補給も除去耐性もないのはかなり厳しいです。ファクター稼ぎにしか使えません。
チャージがついていれば、ものすごく優秀だったんですけどね。

「1F0C ドロー」

アイコンが微妙すぎるものばかりですね。
現環境では使うのはかなり難しいです。

「1F1C シールド ドロー デッキ3枚捨て札でコスト無視」
デメリットがけっこうつらいですね。
捨て札を利用するデッキにはいいかもしれませんが、そんなデッキが今あるんですかね。

「1F1C ♂ シールド ドロー デッキ3枚捨て札でコスト無視」
足回りが少ない男デッキの幅が広がりました。
でもやはりデメリットが地味に痛いです。

「1F1C キャパ−1 ドロー ブレイク時1ドロー 以下略」
今回の目玉ですね。条件次第でなんでもデッキからサーチ可能なのはやりすぎです。
しかも全色にワーカーつき。デッキにはほぼ必須の軽ブレイクになりそうです。

「2F2C ♂ チャージ2 後攻でFC1減少」
男デッキに待望の中堅補給カードです。
後攻なら実質1F1Cなので、普通のデッキにも投入できそうなほどの能力ですね。

「2段ブレイクの1段目」
今回の2段ブレイクの下はすべて同じ能力なので、ひとまとめにしちゃいます。
条件次第でいきなり出てきちゃいますが、単品だけならサーチ軽ブレを優先して出しちゃいますね。

「ガラス系パーマネント」
ファストタイミングでパンプしたりスキルついたりと奇襲性抜群です。
ただ、メイン終了時に壊れちゃうのであまり使い勝手はよくないですね。


とりあえず今回はこの辺で。
次回から各色のネームブレイクとスペルをやっていきたいと思います。

| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
修行者の魂 カードレビュー その5

新弾が発売してしまいました。更新が遅すぎて申し訳ないです…。

修行者の魂、レビュー第5弾です。
今回は黄と黒。これでやっと最後ですね。

塔やBBのレビューもやるつもりですが、牛歩更新なので気長にお待ちください。


「黄」

「三皇 “伏義”」
さすがにファクターを得られるだけというのはつらいです。
コンボデッキにうまく使えればいいんですが、5ファクターはつらいです。

「玉羅刹 “練霓裳”」
「白髪魔女 “練霓裳”」

貫通能力とパーマネント対策があるのがえらいですね。
2段目になると一撃必殺が可能になりますね。決まるとほぼゲーム終了です。

「イグニス・エクエス “ベアトリクス・カストル・サラマンドラ”」
エフェクトで与えられるダメージが少なすぎますね。
他の色に比べるとかなり見劣りしてしまいます。

「ウェントゥス・エクエス“アイナ・カストル・シルフュス”」
ノンブレイク限定のアビリティは弱すぎました。
レイチェルまではいかなくても、ブレイクにも適用させても良かったと思いますよ。

「アクア・エクエス “アイノ・カストル・オンディーヌ”」
このシリーズは個人的にはかなり好きです。補給は重要です。
バインドやシールドなどを消せるのは現環境ではかなり偉いと思います。

「テラ・エクエス “ブリギット・カストル・ノーム”」
さすがにACBとかだけでは今の環境ではきついですね。
4体そろえてれば当然強くはなりますが、他の色よりは少し弱いような気がします。

「ミラーアサシン “カフレスティス”」
素でステルスはいいですね。さすがに1度貫通しちゃうと戻ってきちゃいますけど。
エフェクトはノンネームしか飛ばせないですが、十分かと。

「血洗巫女 “セツイ・アラ=ニエミ”」
残念ながら黄色にはカウンターも焼きも備わってますね。
超大型でこれしか能力がないのは残念すぎました。

「スピリット・リベレイション」
パワー依存のものすごく中途半端な焼きカードですね。
残念ながらこのカードが使われることはほとんどないでしょう。

「カタケオ」
ファクター依存なので、そこそこのダメージは与えられますね。
貫通用にも防御用にも使えるので、いいカードだと思いますよ。

「黒」

「宇宙刑事 “ギンガ・バン”」
ファストタイミングで出せるブレイクスルーは強いと思います。
換装能力もかなり魅力ですね。強いブレイクと換装して相手のド肝を抜いちゃいましょう。

「デジタルプログラム “SARASA”」
「デジタルエンジェル “SARASA”」

ダメージ依存ではありますが、チャージはかなり魅力です。
2段目になると手札を換装したり、レジストなども取れるのでかなり強いです。

「赤竜女王 “ロッソ”」
速攻で出すと相手が何もできなくなる強カード。耐久力のマイナスはひどいです。
ネームを大量に出せばどんな大型でも焼き払えますし、アズーリとの相性も良すぎですね。

「青竜女王 “アズーリ”」
補給に除去耐性まで持っていて、しかもエフェクトが強力。
今まで苦しめられたエクリプスや夏休みなどが効かないのは本当に助かります。

「白竜女王 “ビアンカ”」
このカードは上の2枚に比べるとかなり見劣りしてしまいますね。
4竜を揃えれれば当然ながら強いんですが。なかなか難しいですよね。

「黒竜女王 “ノワール”」
サイズがおかしいですよ。しかもペネトレイトまで。
とにかく超貫通を狙う一撃必殺カードですね。

「ムーンウォーカー “マチルダ・ジョイス”」
このキャラのアタックが通りづらいアビリティですね。
全体にシンクロセプトは強いんですが、なんともそれだけではつらいです。

「オファニムの長 “オファニエル”」
イレイザー単のデッキにはとても強いカードですね。
貫通、防御、パンプと幅広く対応できるのはかなり強いです。

「アルティメットブレス」
ドラグーン単のデッキ用のプロジェクトですね。
本体にもダメージを与えれるのは強いんですが、ネーム依存がちょっと厳しいです。

「スペースパスポート」
何かのコンボデッキに使えそうなカードですね。
黒ファクターならすぐに貯まるとおもいます。


そんなこんなでやっと修行者のレビューが終わりました。
発売からもう3ヶ月ですか。時間かかりすぎ…。
塔やBBはもうちょっと早くしないと…。

| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
修行者の魂 カードレビュー その4

修行者の魂、レビュー第4弾です。
今回は青と緑。

ちなみにフェッチパーマネントとファクター加速プロジェクトは、レビューその1にまとめました。


「青」

「大魔導師 “マーリン”」
貫通能力はないですが、スキルは完璧です。
♂セプチャのアイコンをうまく合わせて出しやすくするといいですね。

「王の守護者 “セクメト”」
「王の守護神 “セクメト”」
1段目は▼展開を止めれたりできますね。
2段目になると我慢比べになります。何かコンボデッキができそうです。

「大地の魔導師 “カサンドラ・ソーン”」
4体並んでも貫通能力をこのキャラで補えないのはつらいですね。
まあレダがいるので問題ないんでしょうけど。単品だと残念すぎました。

「静水の魔導師 “エレクトラ・ウィル”」
補給あり、相手のファストの妨害あり、除去耐性ありでかなり強いですね。
しかもタレントアイコンもついてるのでかなり出しやすいです。

「燎炎の魔導師 “イオ・プロミネンス”」
アタック宣言するだけでダメージを飛ばせるのはえらいんですが、青向きではないですね。
アタックで焼くよりも、素直にスペルで焼いたほうが楽です。悪くはないんですけど。

「旋風の魔導師 “レダ・ブロンウィン”」
ブーストと違って宣言自体のコストを上げれるのは強いんですが、ちょっと重いです。
ブレイクスルーが全体につくのも強いんですが、やはり重いのが難点ですね。

「愛の女神 “フレイヤ”」
ロック能力が半端ないです。うまく構築すれば相手を完封できますね。
デメリットとして狙われやすくなってますが、うまく守ってやってください。

「ハングドマン “メイ・ウォーデン”」
ECB&ドローは強いんですが、大型サイズにつける能力ではないですよね。
もうひとつのエフェクトでデッキ回復ができるので、何か面白いコンボができそうな気がします。

「エレメンタリーファイア」
任意の勢力に打てる全体除去は使いやすいですね。
ダメージがネームブレイクに依存してしまいますが、うまく使えば強力です。

「ミラクルストーン」
ダメージのスペルを回収できるのはいいんですが、けっこう使い勝手が悪いですね。
3コストもかかってやっと1、2枚の回収ではあまり元が取れませんね。スペルブックでいいかと。


「緑」

「雪狐 “白銀丸”」
赤の沖田と比べるとかなり残念な気がします。気のせいではないと思います。
爽緑の羽ばたきとコンボすれば強いですが、超大型なのにコンボしなきゃいけないのはちょっと…。

「リングの鬼 “オーガ萩原”」
「ミスター女子プロレス “オーガ萩原”」

パーマネントで強化されるのは面白いですが、ペネだけではちょっと厳しいです。
2段目はガードされてもペネでブレイクに貫通できます。ブラークあたりをつけると強い気がします。

「春を告げる女神 “セレ”」
ゴースト全体に効果を発揮してくれるのはメリットもデメリットもありますね。
でもオフェンシブとブーストの相性は抜群です。相変わらず単品だとごめんなさいですね。

「夏を告げる女神 “プロセルピナ”」
このキャラにセプトがつくと嬉しかったですね。
残念ながら単品だとかなり使いづらいです。貫通能力とかがほしいです。

「秋を告げる女神 “デメテル”」
ワーカーがついててブレイクしやすく、BCBがかなり偉いですね。
相手にもBCBされてしまいますが、それでも自分へのメリットはかなりあると思います。

「冬を告げる女神 “ペルセポネ”」
補給があるのはやはり偉いですが、赤と緑のカウンターはちょっと微妙です。
他の色のこれシリーズと違い、何かひとつ足りてない気がします。

「大天狗 “彦山豊前坊”」
キャラ除去能力とブーストというスキルが少しミスマッチなのが残念です。
エフェクトについても、手札が必要なので普通にファストタイミングでも良かったと思いますよ。

「海の女王 “ポントス”」
女王らしいかなり強い能力ですね。マーメイド単デッキが強化されました。
重いですが、全体にステルスは完全にエンド能力です。

「冬の抱擁」
緑は昔からパワコンが得意ですが、精神力が下がってしまうのはつらいですね。
プロジェクトの効果を受けないようにしたり、精神力を上げないと使いづらい印象があります。

「フリスビーキャッチ」
アタック宣言している状態でしかパンプできないのは厳しいですね。
アタックにレスで大ダメージを与えるとか、相打ちを取るくらいにしか使えないのはきついです。


とりあえず今回はこの辺で。
来週に黄と黒をやって、何とか新弾発売前に終わりそうですね。がんばります。

| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
修行者の魂 カードレビュー その3

さて、かなり時間が空いてしまいましたが、修行者のレビュー第3弾です。
とりあえず赤です。時間とやる気があれば残りの色もこの後やりたいな。


「赤」

「新撰組 “沖田 総司”」
ものすごい貫通能力です。赤で攻撃力アップはかなりえらい。
ゴースト持ちでブレイクもしやすいので、メインアタッカーにもってこいですね。

「博物学者 “葛洪”」
「仙人 “葛洪”」
補給あり、ECBあり、ダメージ操作ありで万能な補助役ですね。
2段目がさらに強力です。なにかしらのコンボデッキにも使えそうですね。

「四神朱雀の巫女 “大鳥 桜子”」
もともと対青は色の特性上簡単にできるんで微妙です。
やはり2F2Cは補給役を据えて置いたほうがいいでしょう。

「四神玄武の巫女 “阿武 巳弥”」
熱田静よりちょっと強力になったアビリティと、精神攻撃キャラの無力化。
しかしながら、やはり補給がないのはつらいです。素直に熱田で。

「四神白虎の巫女 “風祭 小雪”」
4巫女が全員揃えばもちろん強いですが、なかなかそろえるのは難しいですよね。
単体だと単なるオフェンシブとかついてるくらいなのでかなり厳しいです。

「四神青龍の巫女 “龍ヶ崎 藍”」
補給持ちはやはり偉いですよ。対赤や青が多い地域なら入れておいても損はないかと。
何気に擬似バインドがえらいです。

「水鏡巫女 “水樹 鏡花”
対スペルが完璧です。使用宣言すら許さないのは強いです。
スキルも魅力的で、ものすごく堅いです。完全に守りキャラですね。

「八大竜王 “和修吉”」
このサイズなら普通はバトル相手は倒してますよね。
デッキ削るのも、1枚ずつじゃ効果薄いです。トラロックのほうが全然強いですよ。

「黄竜召喚」
プロジェクト版次元迷宮ですね。条件次第ですが、複数に使えるのが魅力ですね。
呪縛かこれか、どちらを入れるかが悩みどころです。

「前鬼後鬼召喚
刹那式みたく出た瞬間にガードできればまだ使いどころがありましたね。
出しても結局アタックとかガードできるタイミングが遅れてしまうのは致命的でした。


赤終了です。
もうすぐ新弾発売ですが、それまだには終わらせます。たぶん…。

| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
修行者の魂 カードレビュー その2

さて、1週間以上も空けてしまいましたが、いまさらながら修行者のレビュー第2弾です。
今回は白のネームやスペルなどです。
早速いってみましょう。


「白」

「ライトニング・セイバー “東海林 翼”」
スキル、アビリティともに申し分ないんですが、残念ながらサイズ不足。
緑の大型を止められないのは現環境ではかなり厳しいですね。

「ハーフペイン “平良 レミ”」
「フォルトレスサイキッカー “平良 レミ”」
今回からファクターさえあれば2段目が出せるようになりましたね。
エフェクトも両方とも悪くはないんですが、白に除去やパンプのエフェクトはいらない気がします。

「進藤四姉妹長女 “進藤 睦月”」
ワーカー持ちの補給用ブレイクですが、ちょっと他の補給用に比べると寂しいですね。
学校を卒業しちゃってるらしく、スチューデントがないのはかなり痛かったです。

「進藤四姉妹次女 “進藤 如月”」
パンプアビリティとシンクロは強いですが、貫通能力がないのがネック。
簡単にでかくなれる真由美か、超貫通の鈴に出番を取られてしまうかと。

「進藤四姉妹三女 “進藤 皐月”」
補給兼カウンター要員ですね。エクリや血盟リチュアルを無効化できるのは偉いです。
うまく使ってあげれば十分戦力になると思いますよ。

「進藤四姉妹末娘 “進藤 葉月”
四姉妹を全員揃えればもちろん強いですけど、そう簡単にはいかないのがアクエリ。
単品だと補給もないし、精神攻撃力も中途半端だし、パワーかかるし、扱いづらいです。

サイキックナース “新島 ひとみ”
超補給兼擬似バインドですが、3ファクターがやはりネック。
3ファクター圏に必要なのはやはり戦力だと思うんですよ。補給は2ファクター圏にまかせましょう。

「アクトレス “烏社 零”」
アビリティのフランチェスカですが、場に出たときにしか指定できないのはつらいです。
何かコンボができそうな気はするんですが、大道芸で終わりそうな気もします。今後に期待。

「進藤家の食卓」
ネームがネームを呼ぶサーチカード。
四姉妹を揃えるには効果的ですが、素直になんでもサーチできる社長で十分かと。

「能力の目覚め
自分の好きな部分をパンプできるのはいいですね。コストに見合う分はパンプできると思います。
鈴に使って超貫通とか、セプチャに打って超壁とか、使い勝手がいいですよね。



とりあえず白が終わりました。
これからまたのんびりと各色をちまちまやってこうと思います。

| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
修行者の魂 カードレビュー その1
いまさらですが、修行者のレビューです。
CCやら年末年始の仕事多忙期やらの影響で今日まで先延ばしになってしまいました。

新しいスタイルやエクスパンションコンバートなどもありますが、
とりあえずは現在のサーガ3スタイル(3月からのスタンダード)にてレビューしたいと思います。


「キャラクターとノンネームブレイクとファクター加速パーマネント&プロジェクト」


「0/0/1 ▼ シールド セプチャ」
シールドがついても、耐久1ではセプチャとしての価値はないかと。
アイコンも横取りされやすいのが多いです。残念。

「0/1/2 ♂ セプチャ」
これシリーズは過去にも出てますね。
アイコン次第でけっこう使いやすいカードだと思います。

「1/1/1 ▼ BCB」
アイコン次第ですが、かなり使い勝手がよさそうです。
キャラを釣れるパーマネントもあり、うまくデッキ構築すればものすごく強いかと。

「中サイズ ▼ シールド チャージ」
優秀アイコンなアイコンのキャラがありますね。
このシリーズはアイコンで完全に優劣がついてしまいますね。

「中サイズ ♂ ▼ ECB チャージ」
横取りされづらい♂ECBですね。
相手ターン中にもECBしやすくなって、使いやすいと思います。

「ドローキャラ ♂」
男デッキの幅が広がりましたね。
男ドローもかなり増えて色んなアイコンが出てきました。

「1/1/1 3アイコン シルチャ」
アイコンがいっぱいあっても、サイズが小さく▼もないのはデッキには入れづらいです。
やはりECBキャラや中型のシルチャには敵わないかと。

「大サイズ ▼ シールド チャージ」
こちらも優秀なアイコンのキャラがありますね。
やはりシルチャキャラはアイコンが命です。

「1/0/3 チャージ 全プロテクト」
新しいタイプのキャラですね。アイコンも優秀なのが多いです。
焼きデッキによる対策になりますが、逆に焼きデッキ自体の強化にもなってしまいますね。

「1F1C キャパ−1 シールド ドロー」
現環境では使いづらいかと。
シールドと2アイコンで1コスト増えるくらいなら、素直に0コストを使いますよね。

「1F1C ♂ キャパ−1 シールド ドロー」
男デッキでの幅は広がりましたが、これもやはり使いづらいかと。
現環境では焼き対策よりも速度が重要です。

「フェッチパーマネント」
アクエリのキャラ構築を大幅に変えてくれます。ダメージに落ちても使えるのはえらいです。
ファクター加速にも使え、今後のデッキ構築には必須とも入れるカードですね。

「ファクター加速プロジェクト」
上記のフェッチパーマネントのせいであまり活躍の場がなさそうです…。
超速攻デッキには相性がよさそうですが、うまく構築してあげる必要がありますね。


とりあえず今回はこの辺で。
次回から各色のネームブレイクとスペルをやっていきたいと思います。
| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
EX クイーンズブレイド カードレビュー その2

前回からの続きのQBのカードレビューです。
今回はパーマネントとスペルを。早速いってみましょう。


「剣技 ドラゴンテイル」
同じファクターとコストなら血盟とかのほうがいいですよね。
レイナで貫通を狙うくらいしか使い道がありません。残念。

「ツーハンデッドソード “サンダークラップ”」
重いくせに大した能力ついてないです。
サンダーストームで十分ですよ。残念。

「エリナとレイナ」
パンプとシンクロは地味にうれしいかもしれませんが、やはり血盟には勝てません。
でも、インフィニティを使って何かコンボができるかもしれませんね。

「ヒノモト剣法 兜割り」
プロジェクトで単なる攻撃力アップだけっていうのはひどすぎでしょう。
他にペネトレイトをつける手段なんてあります。残念。

「メイス 鉄の恋人」
軽いのはいいんですが、やはり軽すぎるのは能力もしょぼいですね。
リスティにつければ+3ですが、わざわざこれを入れる必要はないです。残念。

「聖乳」
軽くて補給があり、ナナエル専用のリアニメイト。
デメリットがかなり厳しいですが、うまく使えれば頑張れるかも。

「怒りのオーラ」
オフェンシブとアビリティが完全にミスマッチ。
普通に太陽神の戦車で十分です。残念。

「リビングセプター “セトラ”」
単なるチャージ1ですか。▼も余計についちゃって。弱すぎです。
メナスにつけても劣化土御門。残念。

「死の鎌」
チブと精神攻撃力パンプは魅力ですが、やはり戦車には及びません。
アイリにつけた場合、バインドする前にパワカ補充ができる気がするんですが、どうなんでしょう。

「投げナイフ」
与えるダメージが1ダメっていうのがやはり弱いです。
このカードをデッキに入れるスペースなんてありません。残念。

「“小猿のルー”」
単なるシルチャ付与ですか。弱すぎですね。しかもネーム。
専用キャラにつけても、バトル後に戻ってきちゃうのが弱すぎました。残念。

「戦闘教官の特訓」
プロジェクトの時点で残念すぎました。
ファストであったとしても結局は使えませんが。残念。

「鋼鉄山製 バトルアックス」
コストは重いですが、攻撃力+4はちょっと魅力。
ユーミルにセットすればかなり強いですね。人が殺せます。

「大剣 “巨人殺し”」
重すぎるくせに、パーマネントマイナスはひどい。
普通にポラリスで十分でした。残念。

「ヴァンス伯爵家使用人服」
戦車にもこれシリーズがありましたね。
ワーカーがつくとかデメリットにしかならないと思います。残念。

「戦士の装備」
シールドと能力値修正だけに3F2Cはムリです。
これではたいして強くなりませんよ。残念。

「クイーンズブレイド」
わざわざこれを使ってネームを倒そうとするよりも、普通に焼きましょう。
これよりも優先的にデッキに入るカードがたくさんあります。残念。

「探索」
引きの弱い自分はこれ系のサーチカードが大好きですw
軽いので使いやすいですが、10枚の中にブレイクがなかったらショックですね。

「武者蹴り」
重くなってパーマネント対策がついた折鶴ですね。
次元迷宮と比べるとかなり劣化してます。ファクター1の差とは思えないですね。

「エルフの森の秘薬」
ダメージをファストで捨て札できる面白いカードですね。
相手のダメージカードも操れるので、何かコンボができそうです。

「ホーリーダイブ」
サーガ1に同じような効果のカードがありましたね。懐かしいです。
昔と違ってステルスキャラがいないので使いづらいです。ナナエル専用でしょう。


そんなこんなでQBのレビューでした。
残念ながらCCで使われそうなカードは闘士くらいしかありませんね。

本当に残念なエキストラエキスパンションでした。
絵もアニメからの使いまわしで、VFとかのお楽しみもなく、今までの通常エキスパンションのカードに比べてカードパワーが弱すぎる。
売れる要素が何もありません。ただのQBファンがコレクション目的で買って、あっさりと廃れて終了です。

なんでこのエキスパンションを出したのかがわかりません。
かなりの辛口評価になってますが、自分はこんなのは必要ないと思ってます。
もう2度と出さないでくれることを願います。

| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
EX クイーンズブレイド カードレビュー

アクエリで初めてのエキストラエキスパンション、クイーンズブレイドのレビューです。
といっても自分はまだ1パックも買ってませんが。

この弾までがチャンカで使えるので、かなり気になっていたのですが、
いざ蓋を開けてみたら、とっても残念なエキスパンションでした。

なお、再録カードについては割愛させていただきます。


「キャラクターとノンネームブレイク」

「闘士」
いい加減にしてくれ、としかいいようがありませんね。
もう全アイコンで1F0Cのドローブレイク出せばいいんじゃないですかね。

「モーフィングスライム」
青で2/2/2のサイズは面白いんですけど、アビリティが…。
常に横取りの危険性があるのは怖すぎてデッキに入れれませんよ。残念。

「古代王家少女」
アンデッドデッキには使えそうですが、それだけ。
墳墓の守護者には勝てません。残念。

「原理主義司祭」
アイコンだけ見れば優秀に見えます。。
でもこのサイズでは使いにくいです。残念。

「▼ オフェンシブ チャージ」
残念ながらキャラにオフェンシブをつけても使われませんよ。
2/2/2などの中堅サイズのデッキスロットはドローとECBで埋まってます。残念。

「2F0C ドロー+1」
片方のアイコンは優秀なのが揃ってるのに。
やっぱり2ファクターというのが残念すぎました。


「ネームブレイク」

「“流浪の戦士 レイナ”」
重ねれば大きくなるのはいいんですけど、別にそこまでしなくても。
血盟とかのパンプもあるし。残念。

「“雷雲の将 クローデット”」
チブとバインドという組み合わせ、私的にはミスマッチ。
生存能力が2つもあっても…。生存&貫通能力の組み合わせがベストです。

「“近衛隊長 エリナ”」
姉がいないと単ならバインド2っていうのはむなしいです。
姉がいても貫通能力がないし、緑の大型にやられるサイズでは…。残念。

「“武者巫女 トモエ”」
アビリティが微妙すぎました。
ただでさえ赤が厳しい環境なのに。残念。

「“荒野の義賊 リスティ”」
ナイススキル。カファルジドマと違ってデメリットがないのはうれしいです。
あとは4ファクターがどこまで影響するか。バインド2はそれほど気にならないと思いますよ。

「“光明の天使 ナナエル”」
アビリティがない分、アムビエルと違って生存能力がついてますね。
バインド使っても2発目が殴れないので正直微妙ですけど。

「“千変の刺客 メローナ”」
1ターンに1度というデメリットはいらなかったと思います。
単なる劣化服部になってしまいました。残念。

「“古代の王女 メナス”」
キャラにアタックもガードもさせなくするのは強いですね。
横にいるだけでかなりの制圧力があります。

「“冥土へ誘うもの アイリ”」
ワーカーだし、相打ちでも相手をダメージに持っていけるのはいいですね。
しかしながらこれだけでは今の環境では使えないですね。

「“歴戦の傭兵 エキドナ”」
ファストタイミングで出ますが、残念ながら自分の支配キャラにしかセットできません。
でもアビリティは強いので、相手の大型を奇襲するにはいいですね。

「“森の番人 ノワ”」
サイズが中堅な上にこのスキルではちょっと。
使いどころがまったく見えません。残念。

「“戦闘教官 アレイン”」
地味にチャージがうれしいですね。
しかしながらバインドとブーストというミスマッチなスキル。残念。

「“鋼鉄姫 ユーミル”」
黄色には優秀なパーマネントが多いですよね。
このキャラ用のパーマネントをつければ破壊力抜群です。

「“武器屋 カトレア”」
コストを払って、というのが残念でした。
でも、うまくパーマネントを落としていれば頑張れるかも。

「“牙の暗殺者 イルマ”」
ファストタイミングですが、こちらも支配キャラのみですか。
奇襲とパーマネント対策としてなら優秀ですね。


とりあえず疲れたので今回はここまで。
残りのパーマネントやスペルは今度追加でやります。

| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
正義の鼓動 カードレビュー

新弾のレビューです。
ちょっと発売から時間が経ってますが。

環境をがらりと変えるカードが多く入りましたね。
でも、あきらかな壊れカードを出すのは本当にやめてほしいなぁ…。
今までの環境を変えるための対策カードが露骨すぎます。

とりあえず、レビューいきますか。


「キャラクターとノンネームブレイク」

「0/1/1 シンクロ セプチャ」
シンクロがついても、耐久1のセプチャに価値はありませんね。
アイコンも微妙なのばかり。ごめんなさい。

「1/1/1 ▼ シールド レジスト チャージ」
攻撃力は弱いですが、アイコンによってはデッキ投入できるかな。
何気にレジストは助かる場面があるかもしれません。

「中サイズ ▼ シールド チャージ」
白のキャラがおかしい数値ですね。アイコンも優秀です。
他の色はまあ、アイコン次第でしょうか。

「ドローキャラ」
これまた白の数値が。
色んなアイコンが出て、デッキ構築の幅が広がりました。

「1F1C エフェクト封じ ドロー」
ECBに頼らないデッキ構築ができるようになりましたね。
うまく相手に刺ささればかなり強いと思います。

「1F1C プレイヤー防御 チャージ」
日照りやリチュアル本体に対応するためのカードですね。
なんというか、対策方法が露骨すぎです。

「2F1C チャージ FC無視」
相手が対抗色を支配してないとものすごく微妙です。
緑にはワーカーがついてるので使いやすいですが、2Fは厳しいですよ。


続きましてネームブレイクとスペルです。


「白」

「正義のヒロイン “ジャスティス♡ハート”」
横取り、レジスト、ファストタイミング。
書いてあることが強いことばかり。重ねてさらに堅くなるので2度おいしいカードです。

「体育会系女子中学生 “明音 鈴”」
妖刀村正を思い出しますね。
とにかく一撃必殺を狙うカードですね。

「特務刑事 “氷上 純”」
一回りでかくなって帰ってきました。
書いてあることは強いんですが、生存能力がないので今の環境では厳しそうです。

「超絶絶断剣 ネオカイザーブレード
ブレイブカイザーデッキ専用カードみたいなカードですね。
決まれば一気にゲームが終わりますね。

サイキッカー・ストラップ
対抗色メタもできて、優良なパンプカードですね。
ただ、今の環境ではちょっと使いづらいカードなのが残念です。


「赤」

「遠見士 “三ツ谷 奏恵”」
ドロー操作ができるのはかなりおいしいですね。
ただ、このカードよりも優先的にデッキに入る2F2Cカードがいっぱいありますよね。

「電脳巫女 “宮村 林檎”」
捨て札やパワカの中を見れるのはかなり優秀です。
スペルサーチも強いんですが、ザドキエルに弱すぎました。残念。

「桃少女 “坂田 桃華”」
お供を素で出せるのはいいんですが、他の能力が微妙すぎでした。
他に優先的にデッキに入るカードがたくさんありますよね。

「桜吹雪
赤のネームがいればほぼプレイヤーに直ダメっていうのは強いですね。
相手に依存されてしまうのがちょっと難点ですが、まあスペルくらい落ちてるはずですよね。

阿羅耶識のお守り
残念ながらどうやっても明王結界に勝てない残念カード。
せめてプロジェクトを捨て札させるくらいの効果がほしかったです。


「青」

「個人授業天使 “ザドキエル”」
今回の壊れカード。無効化の範囲が広すぎます。
自身が補給を兼ねてて使いやすく、相手にものすごく刺さる化物カードです。

「リッチ “エメ・マインタイル”」
エフェクトの使用できるタイミングが弱すぎました。
普通のエフェクトタイミングならかなり優秀なカードでしたね。

「エクソシスト “ジェシカ・コールマン”」
このサイズでパンプは鬼に金棒ですね。ダメージを減らすのにも使えます。
あとは貫通力さえあればかなり使えたんですけど、残念です。

「マジカルステージ
昔のスクロールを彷彿させるカードですね。FC減少がうれしいです。
新しいコンボデッキの開発に期待してます。

「ブルーストーン
ファストカードを止める効果は面白いですね。
カウンターを止めて、好きなだけスペルを相手に打ち込みましょう。


「緑」

「アヴァターラ “マッツィヤ”」
緑についにスペル封じがでましたね。
かなりの読みが必要になりますが、刺さればかなり強いカードだと思います。

「正義の女神 “テミス”」
手札をかなり抑制できる面白いカードです。
これをメインにしたコンボデッキができそうですね。楽しみです。

「ゴシックヴァンパイア “レイチェル・ルォノヴァーラ”」
壊れカード。CIPでブレイク焼きの時点で十分強いのに、余計なスキルがついて、
さらにはコスト上昇とかふざけたことしか書いてません。さっさとエラッタを出すべきかと。

「ガイアの抱擁
超補給できるカードですね。デッキ回復もおいしいです。
そしてチャージを見れるのが一番偉いですね。デッキに忍ばせておくと活躍してくれるかも。

「スティル・スティール
パーマネントを剥がせるのは偉いですが、ムーンクローのほうが使いやすいかと。
1コストの差はやはり大きいですね。


「黄」

「パニッシャー “ビビアン・フューリー”」
エフェクトのコストが重いくせに、能力は微妙。
1ターンに1回しか使えない焼きエフェクトは弱いです。残念。

「ダークプリーステス “ギイェルミナ・アルゴラブ”」
ダメージのブレイクを普通に出せるのは面白いですね。
インペリアル・オーダーと組み合わせましょう。

「魔眼 “バロール”」
エフェクトが全部面白いですね。場にいるだけでかなりいろいろなスペルなどを押さえ込めます。
このサイズで貫通力も生存能力もあるのはかなり偉いです。

「討伐令
ノンネームへの自動ブースト、アタック時の効果など、かなり強いですね。
最後の詰めに最適なカードです。ビートデッキにいいですね。

「スケープゴート・ペンダント
1度限りですが、ファストでの生存能力はけっこう強いと思います。
ワントップで攻めるデッキにはいいんじゃないでしょうか。


「黒」

「アンドロイドクリエイター “ジャラ・スマルト”」
アンドロイドビートのデッキができそうですね。
勝手にアンドロイドキャラが生成されるのも面白いです。今後に期待です。

「ネオロイド “オスト・アインス”」
相手を捨て札できるエフェクトは強いですね。
貫通もさせれるのは優秀ですが、いまひとつ何か足りないような気がします。

「スペースラミア “DA”」
オールレジスト&プロテクトは面白いんですが、デメリットがひどすぎました。
残念ながらデッキに投入されることはないでしょう。ごめんなさい。

「プロヴィデンス
オフェンシブ+ブースト+攻撃力アップ。強いことしか書いてないですね。
ビートデッキに最適です。うまくネームを出して使いましょう。

「ブラック・クリスタル
なんとも微妙な能力です。
これなら素直にブレイクスルー等を与えたほうが強いですよ。



今回はこんな感じです。
かなりいい加減に書いたので変なことを言ってるかもしれませんが、気にしないでください。

とにかく、以前の環境から一気に変わってしまいました。
数枚の壊れカードのせいでがらりと環境が変わるのはよくないと思います。

それと、スペルによるコンボをひたすらアクエリから追放しようという開発からの意思を感じます。
色々なデッキタイプがあったほうがTCGとしては絶対に楽しいと思うんですよ。
あからさまなスペル対策は逆効果にしかならないと思います。

毎回バーニアエキスパンションで壊れカードが続発してるので、いい加減まともに開発してくれないかなぁと思うぽち。でした。

| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
メモリアルセレクション レビュー

発売から1ヶ月ちょっと経ってます。しかも新弾まで出て、早くも環境が変わりました。
いまさらですが、いちおうメモリアルセレクションのレビューです。

キャラクターとか軽ブレなどの再録は割愛します。
みんなおかえり、そしてお疲れ様、くらいしか言えないので。
ウェイトレスは嬉しかったですね。スケイルも昔を思い出します。


「白」

「マスターテレパス “結城 望”」
多段にした場合のメリットがあまりないような気がします。
普通にバインドとチブ、手札オープンで十分戦えますね。

「ホーリー・ブライトネス “一色 真純”」
多段時の手札破壊はかなりひどいですね。ドローをしないことを選択できるのも助かります。
通常時だと前のと変わらないのは残念。てっきりネームブレイク以外すっ飛ぶと思ってました。

「ライトニング・プラズマ」
白についに安定して入るパーマネントが登場ですね。
攻撃力、貫通力、生存力、パワー補給と、もうやりすぎな程のエンドカードです。

「Wish upon a Star」
英語に名前が変わっただけなのに、強力になって帰ってきました。
序盤には打てませんが、中盤以降の相手の補給を殲滅できるのは大きいと思います。

「シンパシー」
ファストで打てるパワコンカードが弱いはずもなく。
ただ、2コストではちょっと扱いにくいですね。3F1Cでもよかったと思います。


「赤」

「護巫女 “厳島 美鈴”」
ファストタイミングのブレイクが弱いはずもなく。
全体に耐久パンプとかCIPでカウンターとか強すぎですね。まったくこの人は。

「守巫女 “厳島 美晴”」
多段時はお姉ちゃんを超えてきました。
通常時でも結界符とセットで十分戦えますね。あとはエフェクトの対策さえできれば完璧です。

「七枝刀」
赤兎か麒麟かこちらかで迷いますね。似たようなパーマネントはもういらないですよ。
サーガ2のから、オフェンシブになって弱くなってるのにここまで重くなるのはひどいですよ。

「荼吉尼天真経」
白に比べてこちらはコストまで重くなってしまいました。
キャラのみを飛ばすカードは序盤じゃないとあまり意味ないですよ。

「明王結界」
威光に並ぶほどの最強のファストカードと言っても過言ではないはず。
カードサーチ、耐久パンプ、プロテクトにシールドに精神攻撃とファストのカット。正直やりすぎですよ。


「赤」

「護巫女 “厳島 美鈴”」
ファストタイミングのブレイクが弱いはずもなく。
全体に耐久パンプとかCIPでカウンターとか強すぎですね。まったくこの人は。

「守巫女 “厳島 美晴”」
多段時はお姉ちゃんを超えてきました。
通常時でも結界符とセットで十分戦えますね。あとはエフェクトの対策さえできれば完璧です。

「七枝刀」
赤兎か麒麟かこちらかで迷いますね。似たようなパーマネントはもういらないですよ。
サーガ2のから、オフェンシブになって弱くなってるのにここまで重くなるのはひどいですよ。

「荼吉尼天真経」
白に比べてこちらはコストまで重くなってしまいました。
キャラのみを飛ばすカードは序盤じゃないとあまり意味ないですよ。

「明王結界」
威光に並ぶほどの最強のファストカードと言っても過言ではないはず。
カードサーチ、耐久パンプ、プロテクトにシールドに精神攻撃とファストのカット。正直やりすぎですよ。


「青」

「冥黒の大魔導師 “ステラ・ブラヴァツキ”」
CIP効果は最強クラス。カウンターできない除去はひどい。
エフェクトは何気に少し強化されてましたね。

「サイレントキャスター “ジリアン・マキャフリー”」
まさかのプロジェクトのカウンターが不可能になるCIP効果。度肝抜かれました。
通常時でもチブが帰ってきたので以前より安定して戦えます。

「クラリス・ドール」
クラリスがいなくても普通に強いと思いますよ、これ。
軽いし擬似バインドもつくので使い勝手がよさそうです。

「死の刻印」
1ファクターほど重くなりましたが、死印が弱いわけがなく。
でも今はデス・サークルがあるのであまり活躍する場がなさそうですが…。

「秘密のお茶会」
0コストでパワコンはちょっとやりすぎですよ。
ネームに依存しますが、青はネームブレイクが入れやすいので使いやすいと思います。


「緑」

「ヴァンパイア・ナイトルーラー “夜羽子・アシュレイ”」
ブレイク除去のCIP効果は予想通りでしたね。でも全てとは思ってなかったです。
エフェクトのブレ除去も、2回打てるようになりました。相変わらずの強さですね。

「輝狼 “フェンリル”」
CIPでアビリティは相手だけになったんですが、それでも微妙です。
パワー0限定っていうのはやはり今の環境だとムリがあるかと。

「妖刀 “村正”」
なぜにネームレベルになったんでしょうか。別に完全再録でもよかったかと。
相変わらずの一撃必殺能力です。懐かしいなぁw

「悪魔の饗宴」
使いどころが難しいカードですね。相手もパンプされてしまいますし。
これよりも他に入れるカードはたくさんあると思います。

「ヴァンパイア・キス」
サーガ1のときには散々苦しめられましたね。
いまはチャージ環境なのであまり影響ないと思いますよ。


「黄」

「ドラゴンロード “ソフィー・ラスタバン”」
とんでもない全体パンプのCIP効果ですね。
でもCIPに頼らなくても十分エフェクトとプラドラで頑張れると思いますよ。

「極星帝国十将軍筆頭 “レイナ・アークトゥルス”」
血盟シュートが流行っていた状況で、なぜにレイナシュート?的なCIP効果ですね。
アビリティも強化されてて使いやすくなりましたね。

「ダブル・インフィニティガントレット」
ネタカード扱いしてる方が多いですが、インフィニティが比較的簡単につくのは危険な香りがします。
このカードを使った超コンボができるのではないかと期待してまいますw

「デュアルスラッシュ」
これよりもサンストで一気に▼を除去するほうが早いですよね。
アビリティのほうも、その2体が出てればもう十分ですよ。

「ネクロポテンス」
まさかの再録でした。ダメージが積もるし、キャラは生き残るし、弱いはずがなく。
ただ、ミラー戦では注意しましょう。防御時にこれを使うと大変な目に会うかもw


「黒」

「女皇竜 “ィアーリス”」
本体にもダメージが当たるようになったCIP効果。強いです。
でも通常時は逆に弱くなりました。耐久力マイナス2しかできないんじゃお話になりませんよ。

「ガルガリン “メルキセデク”」
天使デッキには有効ですが、相手の天使も強化されてしまうのはちょっと…。
今の環境ではちょっと使いにくいですね。残念です。

「アクティブステルスシステム」
1ファクター重くなったけど、おかえりなさい。このカードが弱いはずがありませんね。
これで昔の黒の3種の神器がすべて帰ってきましたね。

「メテオレイン」
残念ながら耐久力の低い黒にはこのカードは使えません。
1ダメの隕石が限界です。軽ブレまで全死亡はキツすぎました。

「ちょー銀河こんぴーた りせっとちゃん つー」
帰ってきたと思ったら、全然違う能力になってました。
キャラ飛ばせないりせっとなんて、りせっとじゃないですよね。

| comments(0) | trackbacks(0) | by no---name
| 1/2PAGES | >>